厚別区のために働きます!!

seisaku_img

自衛隊と連携し災害・安全対策を強化!

今回の胆振を震源とした地震では清田区をはじめとした避難所においても多大なご協力を自衛隊の方々にいただきました。平素における連携がなければこのような未曾有の災害の対処は出来ません。
私は、日常からの自衛隊との連携を一層強化するため、札幌市が市民と協力しながら、自衛隊との交流をするためのイベントなどを活発に行うため活動してまいります。

厚別区のにぎわい・活気ある街づくりを促進!

新札幌の再開発を進め、さらに活気のある街づくりを図ります。交通の利便性を生かして多くの市民が働ける場所として、空き家や市営住宅の跡地なども利用したまちづくりのために活動します。

「ボールパーク構想」を生かした厚別区の活性化を目指す!

多大な経済的効果が期待される北海道日本ハムファイターズが、厚別区と隣接している北広島市へ球場移転が決定しました。しかし、北広島市単独では成功はしません。アクセスなど様々な問題でカナメとなる位置にあるのが厚別区です。
札幌市と北広島市双方にメリットがあるように元北広島市職員としての経験を生かして活動してまいります。

駅・公営住宅の再開発に向け誰もが使いやすくするための再整備を促進!

現職の時に法的な規制を乗り越え、地下鉄構内の有効活用が交通局の施策になりました。地下鉄札幌駅や大通駅をはじめとしてエキナカが活気づきました。しかし、まだまだ地下鉄駅構内は有効活用できますし、オリンピックに向けた整備も必要です。
大谷地駅やJR上野幌駅をはじめ、今ある資産を有効活用して駅周辺の活気のあるまちづくりをしていくべきです。
また、もみじ台など市営住宅も耐用年数を迎えることから誰もが使いやすい「ユニバーサルデザイン」を推進し、新たな財産の有効活用をしながら、活力ある厚別を含めた札幌市をつくるため活動してまいります。

こどもの課外活動支援を強化!

スポーツや芸術などについてのバックアップ体制はまだまだです。国際舞台で活躍する人材
を育てるためには、それらを支える少年団やサークルに対する支援が必要です。
公教育の充実はもちろん、未来の札幌を支え、市民に勇気と活力を与える人材を育成するために活動します。

適切な行政サービス!

区役所の窓口は、市民にサービスを提供できる体制でなければなりません。
無駄な税金を使わないようにするため、民間でできることは連携して取り組みます。

新たな産業と雇用の創出!

今こそ北海道全体と協力しながら、 農業、観光などを中心に自立する札幌経済を
目指さなければなりません。

若い世代の雇用の場が確保でき、地域の医療・介護が安定します。

地下鉄駅、構内の有効活用!

使われなくなった学校や地下鉄の余剰空間を有効活用して、老人クラブや町内会、サークルなどに再利用してもらうことが、地域活性化につながります。

環境に優しいまちづくり!

分別に戸惑い、混乱する家庭が目立ちます。
「エコ社会」を本物にするためにも、民間と連携し、分別しやすい体制を早期に実現する必要があります。